ホーム>任意売却解決事例>解決事例>解決事例⑦~親子間売買~
解決事例

解決事例⑦~親子間売買~

〔和歌山県在住 男性〕

 

建物 : 一戸建  

 

□相談内容□

父親の仕事がない時期があり支払いが厳しくなった。現在、高齢でアルバイトという事もあり今後の支払いが不安。

せっかく建てた家も残したいが任意売却を知り相談。自己破産も考えている。

 

□ご提案と解決方法□

ご相談に来られた時には住宅ローンの支払いの為にカードローンを借り返済していました。そのカードローンも返済に

追われるという最悪のパターンになっていました。とりあえず、住宅ローンの返済は来月から止めるようにお願いしました。

そして息子さんに家を売却するという形で任意売却をすれば、ご自宅を売却した後も住み続ける事が出来る

親子売買をしました。(子供が所有者となり形式上、親が賃貸するという形です)

家を手放さずに住み続けれるようになって良かったです。

 

早めのご相談で色々な提案をさせて頂きます。

滞納はダメな事と思い他でローンを借りてまで払うというのは止めてください。

他でローンを借りるよりまず、ご相談ください。

全てのお客様に任意売却を勧めている訳ではありません。ご相談だけで終わ場合もあります。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.k-t-estate.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/22

ページ上部へ