ホーム>任意売却解決事例>解決事例>離婚

離婚

解決事例③~離婚したのに連帯保証人【兵庫県】~

[兵庫県在住 40代 女性]

建物種別:マンション

 

□相談内容□

5年前に離婚して子供を引き取り、自宅マンションに私たち親子が住み続ける。

住宅ローンは元夫が慰謝料として払い続けるという約束でした。

しかし、ある時から、銀行から元夫宛の郵便が届くようになりました。

元夫とはいえ、現在は他人。開封せずに放置していると、裁判所から手紙が届きました。

さすがに「これはただ事ではない」と思い、開封してみると元夫が住宅ローンを支払っていないことが判りました。

元夫に連絡をしてもどうにも話になりません。

銀行には「一括で返済してください」と言われました。一括でなんてとても払えません。

いつまで住んでいられるかも判らない・・・

 

□ご提案内容と解決方法□

元配偶者様と連絡が取れることは幸いです。

元配偶者様と連絡が取れない、どこにいるかも知らない方が結構いらっしゃいます。

探しだすのも大変ですし、見つかった時には手遅れだったなんてこともあります。

今回は、すぐに元ご主人様にご連絡して、快く任意売却に同意していただくことができました。

残債務の返済については債権者と話し合いを重ねた結果、元夫が払い続けるとなり任意売却が成立いたしました。

奥様とお子様の新しい賃貸物件を弊社で探す事に。

お子様を転校させずに同じ校区内で新居を見つけ、引っ越されました。

 

 

 

離婚したからと言って連帯保証人から外れることはありません。

連帯保証人は借主本人と同等の立場となりますので、いつでも返済に応じなければなりません。

 

ページ上部へ