ホーム>任意売却解決事例>解決事例>投資マンション

投資マンション

解決事例②~投資マンション購入で失敗【大阪府】~

[大阪府在住 50代 男性]

建物種別:マンション

 

□相談内容□

税金対策にもなるからと言われて神奈川県の投資マンションを購入。

空家が続いていたが、ようやく賃借人がついたもの月々のローン返済額の半分の家賃。

自宅のローン返済もあるため、このまま持ち続けていくのは限界。

自宅は手放したくないので投資マンションだけを売却したい。

 

□ご提案内容と解決方法□

投資マンションのローンを滞納することで自宅が競売になったりするのでは・・・

遠方なので、上手く任意売却できるのか・・・。と心配されていました。

心配はごもっともです。

ご自宅は投資マンションとは別の抵当権が設定されていてローンを支払っているので、問題ない事を伝えました。

もし投資マンションの抵当権者が、ご自宅の競売を申し出をしても【取り消し】(裁判所が意味のない競売は門前払いする)になるので心配ありません。

それと遠方でも全く問題ありません!

関東の任意売却業者にも協力してもらい、購入希望者が現われ早々に売却ができました。

 

 

「税金対策に・・・」「絶対損はしない!」などという甘い言葉で購入してしまったマンション。

自宅と投資マンション両方の返済が『苦しい』と感じたら、ご相談ください。

ページ上部へ