ホーム>任意売却解決事例>解決事例>税金滞納

税金滞納

解決事例④~税金滞納で差押え【和歌山】~

[和歌山県在住 50代 男性]

建物種別:一戸建て

 

□相談内容□

現在、住宅ローンを滞納中。地方税も滞納している。

任意売却できるか詳しい話を聞きたい。

 

□ご提案内容と解決方法□

すでに住宅ローンを滞納されていたので、詳しくお話を伺うと滞納6ヶ月で地方税も滞納しているとの事でした。

住宅金融公庫(現:住宅金融支援機構)から最終通告がきたので慌てて、業者を探していたところ弊社に辿りついたようです。

謄本を確認すると案の定、市からの差押えが入っていました。

市役所に差押え解除の交渉に行くと 『全額納付以外は受け付けられません』との事でした。

幸い買主はすぐに現われましたが、差押えが解除されなければ任意売却できません。

市役所へ何度か交渉に行き、「本税を支払えば差押えを解除します」ということになりました。

本税を支払うため親戚などから、何とかお金を工面し、差押えの解除ができました。

今回は交渉がうまくいきましたが、各自治体によって対応はさまざまです。

過去には、別の自治体ですが『競売でかまいません』と突っぱねられたこともあります。

 

 

固定資産税や住民税などの税金は、滞納しても督促が厳しくないので、ついつい後回しにしてしまいがちですが、大きな間違いです。

知らないうちにマイホームが差し押さえられてしまったということにもなりかねません。

税金は優先して支払うようにしてください。

ページ上部へ