ホーム>任意売却とは

任意売却とは

任意売却って何?

不動産会社が債務者(所有者)と債権者との間に入り、お互いが納得のいく金額で不動産を売却することを任意売却と言います。競売よりも高く売れるため債権者へより多く返済もでき、残債務がより軽減できます。 このページでは任意売却の解説と一般的な任意売却の流れをご説明します。

住宅ローンの滞納

住宅ローンを滞納に続けると金融機関から督促状や催促状が届きます。 滞納を3~6ヶ月続けてしまいますと『期限の利益の喪失』を迎え金融機関より残金、利息に加え遅延損害金の一括請求を求められます。 ローン滞納とブラックリストについて解説します。

任意売却と競売の違い

裁判所により強制的に売却されるのと、自らの意思で任意売却するのでは金銭面でも精神面でも大きな差があります。例えば任意売却では市場価格に近い価格で売却できるのにたいして、競売では市場価格の6~8割程度の価格になってしまいます。 任意売却ではケースによって引越し費用も捻出できる場合もあります。

任意売却のメリット・デメリット

競売より高く売れたり同じ物件に住み続けることも可能(場合によります)など、メリットの多い任意売却ですが、当然デメリットも存在します。手続き面など弊社でサポートできる部分もございますのでお気軽にご相談ください。

競売の流れ

任意売却を行うには、競売にかけられてしまうまえに手続きが必要です。このページでは任意売却が可能なタイミングをご案内します。もちろん業者への相談は早ければ早いほど対策を打てる可能性が広がります。
ページ上部へ