ホーム>任意売却とは>任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット

なぜ任意売却が選ばれるか?それは競売よりも多くのメリットがあるからです。

1.競売より高く売れる

任意売却は弊社が債権者との間に入り交渉し、より市場価格に近い値段で売却できるので残債務が少なくなります。
競売の場合は裁判所が決定した価格を元に落札価格が決まるため市場価格の6~8割の価格で売却され多くの債務も残ります。

2.同じ物件に住み続けることも可能

親族や親戚、投資家に買い手になってもらって、売却後その買い主に賃料を払う形で愛着のある家に住み続けることを『リースバック』といいます。将来的に余裕ができてきたら物件を買い戻すこともできます。
競売の場合は買い手が決まり、所有権が移ったあとも住み続けると不法占拠となり、裁判所から強制的に退去を命じられることもあります。

3.引越しの時期も考慮できる

任意売却は買い主との交渉で行うので、次の引越しが完了したときに物件を引き渡す場合が大半です。その他にも『子供の新学期が始まるまで』など生活環境に合わせてもらうことができます。
競売の場合は原則、買受人が裁判所に代金を納付すると立ち退かなければなりません。いつまでも退去しないと強制執行となり強制退去となります。

4.周囲に住宅ローンが支払えず自宅を売却することが知られずにすむ。

任意売却は、一般の不動産売却と同じように販売活動を行います。そのため売却理由が住宅ローン滞納と知られてしまうこともなく、秘密厳守で手続きが進むので周囲に知られることはありません。
競売の場合は競売物件として、誰でも閲覧できる裁判所のホームページに室内や外観の写真が載るので近所や職場の人に知られてしまうことがあります。その他にも競売に参加する不動産会社が近所の方に物件状況などを聞き取り調査を行うことがよくあります。

5.競売より早く売却できる

任意売却は、競売よりも早く売却でき残債務も少くなるため精神的にも楽になります。
競売は住宅ローン滞納から物件引き渡しまでに約14ヶ月かかり残債務も多くなるため精神的にもきつくなります。

6.残債は分割返済ができる

任意売却は残った住宅ローンも債権者との交渉により生活環境にあった無理のない返済計画が立てられます。この点は債権者もよく理解してくれてるので再度滞納にならないように月々5,000円~30,000円といった額で返済できます。
競売の場合は残債務の一括請求が求められます。しかも売却価格が安くなるため自己破産する方も多くみられます。

7.負担金額は0円

任意売却が成立すると、売却価格からローン滞納分・登記料や測量費用・仲介手数料を頂くのでお客様の負担金額はかかりません。契約書貼付用の印紙代や債権者への振込手数料など負担していただきます。

8.債権者にとっても任意売却はメリット

任意売却の場合、競売より高い価格で不動産が売れるため、結果として債権の回収額が多くなることがメリットです。
競売では、裁判所が最低売却価格を設定しますが、一般的に時価よりも相当低い金額です。しかも競売よりも早く売却できるため債権者も任意売却に賛成してくれます。

9.株式会社ケイティエステートのサポートが受けられる

任意売却の業務に10年以上携わり経験豊富なスタッフが弁護士などの豊富な人脈と連携してすばやい対応やスムーズな売却をいたします。

 

任意売却のデメリット

もちろん任意売却にもデメリットは存在します。
しかし任意売却だけのものと言うものはありません。

1.ブラックリストに載る

住宅ローン滞納・延滞して初めて任意売却が可能となるため個人信用情報、所謂ブラックリストに載ります。ブラックリストに載ると原則7年間金融機関からの融資を受ける事は困難になります。任意売却だけでなく競売でもブラックリストに載ります。

2.各種手続きが必要

不動産の取引決済では司法書士による本人確認が必要となっております。 連帯保証人、連帯債務者の出席が求められることもあります。
任意売却は通常の不動産売却同様、内覧希望者が現れた場合には時間の確保が必要です。

3.連帯保証人の同意が必要

住宅ローンを借りる時に連帯保証人になってくれた方の同意が必要です。競売の場合はより多くの迷惑がかかることになります。離婚が理由などの場合は、別れた配偶者様とのお話し合いが必要な場合がございます。(当社がお客様に代わり話をさせていただくこともできますのでご安心ください。)

ページ上部へ