ホーム>任意売却とは>任意売却って何?

任意売却って何?

任意売却とは

img

不動産購入後、さまざまな生活の変化『雇用調整によるリストラ』『離婚』『業績不振による給料、ボーナスが減少』『務めていた企業の倒産』などの理由で住宅ローンが払えなくなる時があります。

一般的に住宅ローンを滞納すると債権者(各金融機関)が担保の差し押さえを行い競売の手続きを開始します。競売になってしまうと市場の価格よりも6~8割ぐらいの値段で売却されて、買い手が見つかるまでも多くの時間がかかり多くの債務も残ります。

img

そこで不動産会社が債務者(所有者)と債権者との間に入り、お互いが納得のいく金額で不動産を売却することを任意売却と言います。競売よりも高く売れるため債権者へより多く返済もでき、残債務がより軽減できます。尚、金融機関が不動産を競売の申し立て費用(通常数十万)がかかったり、幾らで落札されるかが分からないことや、不買のリスクもあるため、金融機関、債務者であるお客様双方にメリットのある任意売却が成立するのです。

任意売却の流れ

1.当社にご相談

まずは、お電話(0120-965-213)または当社のお問合せフォームにご相談ください。

arrow

2.状況の把握

受付後、お客様の滞納状況・残債務などの状況を伺った上で、売却方法やスケジュールなどお客様に合った一番ベストな方法をご提案いたします。

arrow

3.不動産価格の調査

お客様の不動産物件の価格査定を行います。当社独自の査定ノウハウと近隣相場、取引事例をもとに価格査定を行います。これは物件の状況や、周りの環境を正確に把握するために当社の担当者が自宅に出入りすることになりますが日時はご相談ください。

arrow

4.媒介契約の締結

お客様と当社の間で物件販売の契約を結びます。任意売却の媒介契約は「専任媒介契約」か「専属専任媒介」でするのが一般的です。

arrow

5.債権者との交渉

担保権者である金融機関などの債権者と当社スタッフが個別に交渉し販売価格などの確定します。

arrow

6.販売活動の開始

業者間情報システム・各種サイト掲載お客様の立場に合わせた売却活動をいたします。
また、状況によりまして『新聞チラシ』『住宅情報誌』および『オープンハウス』などの販売活動も積極的に行います。
(お客様の要望により詳細を伏せての公開も可能です)

arrow

7.購入者の確定

お客様の不動産を最も高値で購入いただける買主を選定します。

arrow

8.債権者の同意

購入申込書と売買代金配分表を債権者に提出し、売却の同意を得ます。
債権者(利害関係人)が複数の場合、全ての債権者の同意が必要となります。
売買代金には、売却に関わる諸費用(仲介手数料、司法書士費用など)、管理費等の滞納金やお客様の引越し費用も含まれます。

arrow

9.不動産売買契約

お客様の不動産を購入される買主様と売買契約を締結します。

arrow

10.お引越し

当社では、新居のご紹介や引越し業者の手配も可能です。

arrow

11.売買代金の決済

表面的には通常の物件売買と変わりません。
抵当権や差し押さえを抹消して、不動産の引き渡し。
この際、引越し費用や余剰金などがお客様に支払われます。

arrow

12.新生活のスタート

任意売却はさまざまな手続きをクリアする必要がありますので、お早めにご相談ください。

 

 

ページ上部へ